富士山麓病院は、静岡県御殿場市にある認知症高齢者を専門に治療する病院です。

認知症の症状とは

  • HOME »
  • 認知症の症状とは

1. 認知症とはどのような状態であるか

(1)認知症は脳の細胞が変性し脳の器質的障害から脳の機能が低下
   日常生活に支障をきしている状態ですが、
   原因といわれているものに

   ①脳血管性の障害…大脳白質の血管の閉塞、破れ(脳出血、脳梗塞)
   ②脳の萎縮・老化…大脳皮質の変性(アルツハイマー型認知症、ピック病)
   の2つがあげられています。
   ※若年性のもので50~60才で軽度発症の兆しがあると20年後には確実に
    発症するといわれています。
    もの忘れが見られ生活に支障をきたしている状態を認知症といいます。

2. 加齢によるもの忘れと認知症の違いについて

< 加齢によるもの忘れ > < 認知症 >
できごとの一部を忘れる できごとのあった事を忘れる
ヒントで思い出す。 ヒント・指摘でも思い出せない
もの忘れを自覚する もの忘れをとりつくろう・気が付かない

上記のようなケースが現れたら認知症の疑いがあります。
早い段階での専門機関の受診をお勧めいたします。

PAGETOP
Copyright © 富士山麓病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.